-創り出す喜びと共に- 株式会社デベルアップジャパン

製品の特徴

パケットレコーダーSonarmanの機能はそのままに、さらにコンパクトに生まれ変わりました。
ハードウェアにはRaspberryPi3を使用しています。

(マニュアルのダウンロードリンクは当ページの最下部にあります。)

・機械学習による障害検知
設置環境によって異なる、通信の特性を解析し、障害検知の閾値を自動調整します。
過去に発生した事のない特異な事象をとらえ、警告メールを発報します。

・ユーザー定義フィルタ
ネットワークにおける特定のフラグや値をWireshark DisplayFilterの書式で抽出し、警告対象とすることができます。
この機能により、障害の再発防止策を手軽に実装することができます。

・大容量ストレージ
障害の原因究明作業の時、最も欲しいデータは直近の「正常」パケットです。
Sonarman-Rならによる128Gバイトの大容量ストレージに過去のデータを保持しているため、簡単に障害前後のパケット比較ができます。

・Syslog連携
大量のパケットキャプチャから目的のファイルを探すのは手間がかかります。
障害発生時にサーバからSyslogメッセージを送信すれば、障害が起きたタイミングで、問題のキャプチャファイルを退避することが出来るため、迅速な障害解析が可能です。

・ダッシュボード
通信の特徴や指標を数値化し、素早く参照できるダッシュボードにまとめました。パケットをダウンロードする前に概要を把握できます。通信状態の悪い場所への遠隔保守で真価を発揮します。

・トレンド分析
指定期間内のトラフィック量や要注意トピックスを簡易表示します。長期間のトレンド把握にご活用いただけます。

利用シーン

再現性の低い障害の調査、再発防止、ネットワークの遠隔監視に利用する従来の使い方に加え、コストパフォーマンスの高さを生かした監視ポイントの分散や網羅性の向上を実現する、複数台によるパケット監視システムを構築することができます。

RaspberryPi3をベースに、さらにコンパクトになったSonarman-Rを是非ご活用ください。

Amazonにて販売中です

マニュアルダウンロード