-創り出す喜びと共に- 株式会社デベルアップジャパン

コンピュータネットワークにおいて、システムの入出力を直接解析する「パケットキャプチャ」はトラブルシュートに非常に有効な手法です。Sonarmanはパケットキャプチャを継続的に取得し障害対応に役立てる、ネットワークにおけるドライブレコーダです。

work2

製品の特徴

・機械学習によるインテリジェントな障害検知
設置環境によって異なる通信の特性を解析し、障害検知の閾値を自動調整します。
過去に発生した事のない、特異な事象をとらえ、警告を発報します。

・リモート解析サービス
サポート専用VPN(お客様の環境に依存)により迅速な障害対応を支援します。
特に遠隔拠点など管理者の目の届かない場所でのトラブルシューティングを強力にサポートします。

・高速大容量ストレージ
障害の原因究明作業の時、最も欲しいデータは直近の「正常」パケットです。
SonarmanならSSDによる高速大容量ストレージに過去のデータを保持しているため、簡単に障害前後のパケット比較ができます。

・Syslog連携
大量のパケットキャプチャから目的のファイルを探すのは手間がかかります。
Syslogと連携すれば障害が起きたタイミングで、問題のキャプチャファイルを退避することができ、解析作業がスピードアップ。ダウンタイムの削減に繋げます。

・分離されたインタフェース
コントロールポートとキャプチャポートを物理的に分離。
既存のネットワークに極力影響を与えずにパケットを収集します。
豊富な運用経験から得られた、使いやすさを追求した設計です。

・ファンレス小型筐体
小型筐体は設置場所を選びません。持ち運びも容易なため、フットワークの軽い障害対応が実現します。

利用シーン

・再現性の低い障害への対応策として
システムにおいて再現性の低い障害に対しては、運用コストの観点から十分な対策が取れず、原因究明が困難になるケースがあります。Sonarmanなら既存のネットワークやシステムに影響を与えることなく、確実に次回発生時の原因究明アクションに繋げる事ができます。

・エビデンスを基本としたトラブルシュートの精度向上
障害対応では、闇雲なトライアンドエラーで問題を大きくしてしまったり、外部業者とのやり取りに時間がかかるケースがあります。パケットキャプチャという証跡があれば責任の所在は明確です。エビデンスベースの論理的なアプローチにより、障害対応におけるムダ、ムリ、ムラを排除します。

動作概要

overview_ja_600p

価格

Sonarman初期設定および、各種サポートを含め、税抜き35万円から承ります。
お見積もりはコンタクトフォームよりお申し込みください。

サポートについては「Sonarmanのサポートについて」をご覧ください。

無償版について

仮想アプライアンスとして動作する無償バージョンを公開しました。
あわせてご参照ください。